1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 22:11:20.47 ID:12Hw1qc2O
エロ
ふたなり
多分話短い


以上注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426943480

引用元: 【艦これ】電「や……やめてほしいのです……!!」【R-18】 

 

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 22:17:51.43 ID:12Hw1qc2O
雷「やめて?こんなにして何言ってるのよ」シュッシュッ

電「んぅ……!!やめて……!!」ビクンッ

雷「いつもいつも夜中にしこしこしてたんでしょ?」シュッシュッ

電「ちが……!!」ビクンッ!!ビクンッ!!

雷「いいのよ、皆には言わないから」シュッシュッ

電「やめて……!!雷ちゃん……!!」ビクンッ!!

雷「電かわいい……ちゅっ、ちぅ……ぷちゅっ」

電「んんんっ!!」ビュルルルッ!!ビクンッ!!ビュッ!!

雷「あは……、どろどろ……ずずっ……くちゅくちゅ……、んぐっ、ごきゅっ、ごちそうさま電」

電「はぁ、はっ、はぁっ……」ビクッ……ビクッ……

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 22:32:50.50 ID:12Hw1qc2O
ドック

スーッ……

電「誰もいないよね……?」

シャアアァァァァ……

電「雷ちゃん……酷いのです……」ゴシゴシ

電「電もなんでこんな……おちんちんがついたのか分からないのに……」

キュッ

電「んっ……、はぁ……」シュッシュッ

電「っくぅ……!ふぅ……!!」ニチュニチュ

雷「ほらやっぱり!!」

電「ふひゃあっ!!」ビクンッ!!

雷「一人でしこしこしてる!!駄目じゃない!誰かに見付かったらどうするの?」

電「雷ちゃんが……!!雷ちゃんがあんなこと……するから……」モジモジ

雷「ふふっ、じゃあ……続きする?」ニヤニヤ

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 22:56:23.86 ID:12Hw1qc2O
電「雷ちゃん……」ビキビキ……

雷「ふふっ、我慢できないよね、また手でやってあげるね?」

電「ん……」

雷「ほら、ほらっ」シュッシュッ

電「んぃ……!あんっ……!!」ビクンッ!!ビクンッ!!

雷「気持ちいい?こうやって、手で先っぽを」クリュッニチュッ

電「ふあぁ……!!先っぽ……くりゅくりゅだめぇ……!!」ビクンッ!!

雷「でも足りないでしょ?どうしてほしい?」

電「ん……」

雷「どうしてほしいの?言わないと止めちゃうよ?」ニチュニチュ

電「おくち……おくちでじゅぽじゅぽ、してほしいのです……!!」ビクッ!!ビクンッ!!

雷「電はいい子ね……あむっ……」

電「はにゃああっ!!」ビュルルルッ!!ビュッ!!

雷「んむっ!?ごくっ、ち……ちょっと早すぎるわよ!!」

電「ごめんね雷ちゃん……でも……おくち、あったかくて……ぬるぬるで……気持ちよかったのです……」ビクッ……

雷「誉めてもらえるのは嬉しいけど……もう萎えてるし」

電「うぅ……」

雷「仕方無いわね、夜にまたやってあげるわ」

電「ほ……本当!?」

雷「うんうん、私に任せなさい!!だから電はしこしこしちゃ駄目だからね!」

電「うんっ!!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 23:10:45.53 ID:12Hw1qc2O


雷「んっ、ぢゅぷっ、ぢゅぷっ、ぐぷっ、じゅるるっ!!」ジュポジュポ

電「ふあぁ!!んっ……ひぃんっ!!あっ!!あっ!!」ビクンッ!!ビクンッ!!

雷「ぢゅぱっ、れろれろ……」シュッシュッ

電「んんっ!!ひあぁっ!!」ビクゥゥゥ!!

雷「んぷっ……うらが弱いの……?ぐぢゅっ、じゅぽ!!じゅぽ!!」グチュグチュ

電「ひああああぁぁぁぁぁっ!!」ドビュルルルルッ!!ビクンッ!!ビュクッ!!

雷「んっ……ずずっ……ちゅるっ」

電「はぁ……はぁ……」グタッ

雷「いあずあ……くちあけへ……」クチュクチュ

電「ん……?あー……」

雷「くちゅっ……あー……」ドロォ……

電「んっ……!?んぐっ、ごきゅっ!!」

雷「せーし美味しい?ちゃんと飲んだ?口開けて?」

電「んっ……あー……」ニチャァ……

雷「飲んだね、偉い偉い」ナデナデ

電「い、雷ちゃん……」ビキビキッ!!

雷「だーめ!今日はおしまい!!また明日ならいいからね?布団でしこしこしちゃ駄目よ?」

電「……」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 23:52:42.65 ID:12Hw1qc2O
ヒトヨンマルマル

電「雷ちゃん……もう日にちが変わったのです……」ユサユサ

雷「うへへ……そこ……だめよ……しれいか……くかー……」

電「……起きないのです」

電「……」ムラムラ



電「雷ちゃんも気持ちよくしてあげるのです……」
スルッ

電「雷ちゃんの……きれいなのです……」クパァ……

電「……電のは小さいから……入るよね……」ピトッ

ズッ

電「んっ……!!」

ズズズ……!!

電「ふぁ……!!くぅっ……!!」ズンッ!!

雷「いっ……!?いなず、んむっ!?」

電「五月蝿くしたら二人が起きちゃう……口塞ぐね?」パチュッ、パチュッ

雷「んっ!!んぐっ!!んんっ!!」

電「はぁ……気持ち、いいのぉ……!!きつきつで……熱くて……気持ちいぃ……!!」パンパンパンッ!!

雷「んっ!!んっ!!ふぐっ!!んぐっ!!」ビクンッ!!ビクンッ!!

電「出る……!!せーし来る!!中に出すからね雷ちゃん……っ!!」パンパンパンッ?

雷「んっ!!んんんんっ!!」フルフル

ゴプッ!!

雷「んんんんっ!!」ビクンッ!!

ドピュッドピュッ!!ドプッ!!

電「ふあぁ……!!」パンパンパンッドピュッ!!ドピュッ!!

雷「んんんんんんんんんっ!!」

電「んっ……!!」ズズズ……ヌポッ

ゴポッ……

雷「ぁ……電……」

電「雷ちゃんの中……よかったのです……」

雷「ばかぁ……!!」ウルウル……

電「ありがとうなのです。お休みなさい」チュッ

雷「ぐすっ……!!ひぐっ……!!私……危険日なのにぃ……!!」ポロポロ

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 00:53:36.67 ID:2cqrWHS90
ドック

シャアアァァァァ……

雷「早く出てよぉ……」グチュグチュ、ゴポッ

雷「酷いよ電……酷いよ……」グチュグチュ

ガラッ

雷「」ビクッ!!

響「雷……ここにいたんだね」

雷「え、ええまあ、ちょっとね。響は?」

響「寝汗が酷いんだ、だから流しに来た」シャアアァァァァ……

雷「そ、そうなの!大変ね!!」

響「……大変なのは雷も一緒だろう?」キュッ

雷「え?」

響「……さっき電と、えっちをしていたじゃないか」

雷「なっ!!」カアァ……!!

響「暁にはバレていないようだ」

雷「そうじゃなくて!!響……見てたの?」

響「ああ」

雷「……」ガクッ

響「誰にも言わない、心配しないでくれ」

雷「見られてたのかぁ……」

響「しかし驚いたな、電におちんちんが付くだなんて、何故だろう」

雷「私にも分からないわ……」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 01:08:21.71 ID:2cqrWHS90


響「おはよう電」

電「おはようなのです響ちゃん」

響「……」

響(大きくなってる……)

響「電」

電「ん?」

響「これはなんだい?」ツンツン

電「ふぇっ!?」

響「ちょっと見せて」ズルッ

電「やめて……!!やめてほしいのです!!」

ボロンッ

ムワァ……

響(うわ……おっきい……それに凄いにおい……頭くらくらしそうだ……)

電「っ……酷いのです……!!」

響「パンパンだね……えっと……確かこう……」シュッシュッ

電「ふあっ!!」ビクッ!!

響「気持ちいい?」シュッシュッ

電「んっ……!!んんっ!!」

響「はむっ……じゅるるるっ!!」ジュポジュポ

電「はにゃああああっ!!」ドプッ!!

響「ごほっ!!げほっげほっ!!」

電「出ちゃう……!!」ビクッ……ドプッ!!

響「んっ……!!ぶふっ!!……ごきゅっ!!」

電「はぁ……!!はぁ……!!」ビクッ……

響「きれいにしてあげる……ずずっ、ぴちゃっ、れろれろ……」

電「だめぇ!!出たばっかりだめぇ!!」ビクンッ!!ビクンッ!!

響「ちゅる……ごきゅっ、……終わり」

雷「んぁ……?ふあぁ……!!」グググ

響「雷も起きたね、後は……暁ー、ご飯食べに行くよ」

暁「んん……後すこし……」ムニャムニャ

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 21:28:15.18 ID:2cqrWHS90
食堂

電「いただきますなのです」

暁「ふあぁ……なんだか昨日は寝れなかったわ……何だか電うなされてなかった……?」ゴシゴシ

電「はわわっ!?」ビクッ!!

雷「気のせいじゃない?電は寝てたわよ?」モグモグ

響「うん、昨日はいつもと変わらない夜だったよ」モグモグ

暁「そう……?寝ぼけてたのかしら……?」

電「きっとそうなのです!あっ、暁ちゃん納豆忘れてるのです!!取ってくるのです!!」ガタッ

暁「ありがとう……?本当に寝ぼけてたのかしら……うーん……?」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 23:25:42.43 ID:2cqrWHS90
電「納豆なのです」コトンッ

暁「ありがとう」

電「……」モゾモゾ

雷「電、しこしこしたい?トイレ行く?」ヒソヒソ

電「ちょっとおトイレに行ってくるのです」ガタッ

雷「あ、私もー」ガタッ

暁「もう、レディーはご飯中トイレに行かないものよ!」マゼマゼ

響「別にいいじゃないか……」モグモグ

暁「まあお子様には分からないわよね!」マゼマゼ

響「大人はカラシも入れなきゃね」ピューッ

暁「あーっ!!カラシ入れたら食べれないじゃない!!」ガタッ!!



トイレ
電「ん……ちゅっ、ちゅく、ぴちゅっ……」

雷「んふ……ちゅっ、じゅるっ、ちゅう……」

雷「ぷはぁ……」

電「雷ちゃん……!!」ビクッ……!!

雷「キスだけでこんなにおっきくしたの?電は変態ね」

電「早く……しこしこしてほしいのです……」ビクッ……ビクッ……

雷「だーめ!!こんなバカおちんちんにはしこしこお預け!」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 23:37:16.84 ID:2cqrWHS90
電「そんなの嫌なのです!!」ドンッ!!

雷「きゃっ!!」ガタンッ!!

雷「ちょっと電!?」

電「雷ちゃんが悪いのです……!!」ピトッ

雷「ちょっ!!待って!!生は駄目!!」
ズンッ!!

雷「ひぎっ……!!」ビクンッ!!

電「雷ちゃん……どうなのです……?うしろからパンパンされるのは……」パンパンパンッ!!

雷「あぐっ!!いぎっ!!やめでぇ……!!」ビクンッ!!ビクンッ!!

電「雷ちゃんのおまんこ……気持ちいいのです……!!腰……止まらない……!!」パンパンパンパンパンパンッ!!

雷「いなづまぁ……!!ひぐっ!!今日はだめ……!!いなづ……」
電「ふああぁぁぁ!!出る!!でるうううぅぅぅぅ!!」ドプッ!!ドビュルルッ!!

雷「まあああぁぁぁぁぁ……!!」プシャアアアァァァァァ……

……ヌポッ、ゴポッ……

電「気持ちよかったのです……それじゃ……」

バタンッ

雷「電……ごめんなさい……」 ゴポッ……

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 23:48:19.23 ID:2cqrWHS90
あれから数ヵ月が経ちました
電は自分の性欲を雷にぶつけてぶつけて、ぶちまけました
放置するときは玩具を使って雷ちゃんを悦ばせました
いつの間にか雷ちゃんは喋らなくなりました
出撃ができなくなりました、ご飯も食べれなくなりました
でもえっちをするときは言い声を出します、私の与えるものはなんでも食べてくれます


電「雷ちゃん……ほら、ご飯なのですよ……」シュッシュッ

雷「…あー……」

ドピュッ!!ドピュッ!!

電「お腹も大きくなって……もうそろそろ建造完了なのです?」スリスリ

雷「ん……」

電「一緒に子供大事に……しようね……」チュッ

残り時間
168:00:00

終わり